What's New

83

年の始めに願いを込め、絵馬を作ってみてはいかがでしょうか。
戌年にあわせキットにデザインしました。

和布の生地と、刺しゅうがとても豪華な出来上がりです。お楽しみ下さい。
クリスマスの季節がやってきました。
サンタとトナカイが「メリークリスマス」と祝う声が、聞こえてきそうですね。
いまにも壁掛けから飛び出してきそうなデザインが、楽しいクリスマスを演出します。
ツリーと一緒に飾って下さい。
実りの秋、どの食材も美味しいこの季節、
山間の畦道に広がる日本の風景・・・

風に揺れる黄金色の田畑を、
お腹を空かせた雀から『かかし』が守っています。

そんなこともお構いなく、笠をかぶった『かかし』に雀が話しかけいるのでしょうか?

のどかな日本の風景に立つ『かかし』をデザインしました。
実りの秋、秋は恵みをもたらしてくれる味覚がぎっしりです。
たくさんの素材の中で、なにを思い出しますか?

今回のテーマは秋の素材、南瓜・きのこ・銀杏をキットにデザインしました。
食欲の旬の野菜を楽しんでください。
青紫色の星形の花びらが可愛らしい桔梗は、
秋の七草の1つとして知られています。

また、桔梗の根は生薬としても利用されているそうです。

落ち着いた生地の組合せがポイントです。
桔梗の花を手芸キットにデザインしました。
暑かった夏の後は、さわやかな秋です。

食べ物も美味しい食欲の秋ですね!
スズムシやキリギリス、コオロギの鳴き声も聞こえます。
ススキの上を“とんぼ”が飛び回る風景をテーマに、キットにしました。
雨上がりの夜空に舞う『蛍』
その幻想的な“ホタル”をテーマにデザインしました。

ホタルは地域にもより5月下旬〜8月頃が一般的で、ゲンジホタル・ヘイケホタルを楽しむことが出来ます。

つゆ草の雫をホタルを楽しんで下さい。
いよいよ夏の暑さがやってきます!
夏バテしないように、夏野菜をいっぱい食べて体力を付けたいですね!
夏野菜と言えば、二十日大根、トマト、ピーマン、茄子などがありますが、
今回はその『夏野菜』をテーマにデザインしました。
夜空を流れる星の集まり『天の川』

年に一度、七夕の夜に「天の川」で再会できる織姫と彦星の物語を思い出します。

その夜空に流れる「天の川」をテーマに、七夕の日をキットにデザインしました。
夜空にキラキラ輝く星々を並べて下さい。
雨上がりの夜空に舞う『蛍』
その幻想的な“ホタル”をテーマにデザインしました。

ホタルは地域にもより5月下旬〜8月頃が一般的で、ゲンジホタル・ヘイケホタルを楽しむことが出来ます。

つゆ草の雫をホタルを楽しんで下さい。
6月のテーマにおすすめ!
6月は梅雨入りの季節、入梅と言います。
その梅雨の時期に咲く花紫陽花(あじさい)の上の『かたつむり』をテーマにキットにしました。

刺しゅうで作った「かたつむり」がとても可愛いですよ!
『姉さま人形』は紙雛ともよばれ、江戸時代に松江藩の御殿女中が作り始めたものだそうです。
昭和10年頃までは子供や娘たちの遊び道具でしたが、今日では民芸品などのお土産として親しまれています。

今回はその『姉さま人形』を手芸キットにデザインしました。
5月5日は「こどもの日」ですね。
別名“端午の節句”とも言います。
子供達の健やかな成長を願う日でみんなが無事に過ごせるよう季節の節目に邪気払いをする行事です。

今回は、鯉の背中にまたがる元気な男の子をデザインしました。
4月8日は『花祭り』、仏教を開いたお釈迦様の誕生日です。
正式には『灌仏会(かんぶつえ)』と言うそうです。
花祭りには、お釈迦様に甘茶をかけてお祝いします。

今回は、その花祭りをデザインしました。
4月は卯月と言います。
卯の花が盛りを迎える卯の花月、桜は春の象徴ですね。

むかし田の神様は、春になると山から里に下りてきて桜に宿るとされ、
豊作祈願をしたり農作業の目安にしていたそうです。

今回、その『桜』をデザインしました。
初心者の方にも入門用としてもお楽しみいただけます。
『ひな祭り』を30個追加補充致しました。
カート内の数量が少ない場合、追加生産できますのでご遠慮なくお申し付け下さい。
追加生産をしても商品の価格は変わりませんのでご安心下さい。

尚、他の商品についても同じですので必要な数量をお話し下さい。
3月3日はひな祭り。
女の子の健やかな成長と幸せを願う邪気払の行事です。

ひし餅やひなあられ、白酒をお供えしお祝いをしてください。

そのひな祭りをキットにデザインしました。
レクなどの製作をお楽しみください。